ツーリングに最適なアドベンチャーツアラー5選

バイク乗りなら誰しもが憧れるツーリング。ツーリングに最適なバイクと考えた時、皆さんは何を思い浮かべますか?

ネイキッド、スポーツ、アメリカン、スクーター等々。バイクにはいろいろな形がありますが、著者が真っ先に思い浮かべるのはアドベンチャーツアラーです。

ツーリングは長時間の旅になりがちです。窮屈であったり積載量が少なかったりすると楽しいツーリングも最大限に楽しめませんよね。

そんなツーリングを最大限楽しくしてくれるのがアドベンチャーツアラーです!

この記事ではツーリングを最大限楽しむためにおすすめのアドベンチャーツアラーを5台ご紹介します。これから新しいバイクを買おうと検討している方は是非参考にしてみてください。

何故アドベンチャーツアラーなのか

数あるバイクの形の中で何故著者がツーリングにおいてアドベンチャーツアラーをおすすめするのか?それは以下の3点が挙げられます。

  • 疲れにくいライディングポジション
  • バランスのとれた走行性能
  • 積載量の多さ

疲れにくいライディングポジション

アドベンチャーツアラー最大のメリットは無理のない自然なライディングポジションです。

前傾姿勢で運転しないといけないスポーツやネイキッドタイプはどうしても長時間乗っていると腰が痛くなったり肩がこったりします。

しかしアドベンチャーツアラーは背筋を伸ばして綺麗な姿勢で乗ることができるので、長時間のツーリングも快適に楽しめます。

バランスのとれた走行性能

アドベンチャーツアラーは高速巡行とオフロード走行、共にバランスのとれた優れたバイクです。

ツーリングをしていると高速を走ったり、下道を走ったり、山道を走ったり、さまざまなシチュエーションが想定されます。

どのシチュエーションでも安定した走行を楽しめるのがアドベンチャーツアラーの強みと言えます。

積載量の多さ

バイクというものはタイプを問わず、積める荷物の量に制限があります。ツーリングに行くとなった時、手ぶらで行くわけにはいきませんよね。

長時間のツーリングとなった場合、リュックサックだけでは足りないことがほとんどです。

アドベンチャーツアラーであればそんな心配は無用です!

積載量が十分にありますので、アフターパーツのボックスやサイドバッグを装着すれば1泊2日の旅やキャンプ、行先で購入したお土産等、無理なく積むことが可能です。

それではここからおすすめのアドベンチャーツアラー5選をご紹介します。

アドベンチャーツアラーおすすめ5選

1.HONDA CRF1100L Africa Twin

言わずと知れたアドベンチャーツアラーの超定番、HONDA CRF1100L Africa Twin。現代のアドベンチャーツアラー人気の火つけ役として貢献したことでも知られる名車です。

バイクといえばホンダと言えるほどの安心と信頼はもちろんのこと、アフターパーツも豊富でカスタマイズ性も抜群です。

今回のラインナップで唯一通常のマニュアル車とは別にDCT(オートマチック)が用意されているバイクになります。

DCTがあることによって街乗り時の渋滞や信号待ち、何度も止まっては発進しての繰り返しを強いられる状況でも快適に走行することが可能です。

マニュアル車しか乗ったことがない方も是非一度試乗してみてください!今までとは違ったバイクの楽しさが体験できます。

2.Harley Davidson Pan America 1250

アメリカンバイク代表のハーレーダビッドソン。アドベンチャーツアラーを発売しているとは誰が想像できたでしょうか。

こちらのPan America 1250、著者の一押しです。

ハーレーダビッドソンは昔から変わらないザ・アメリカンなバイクを製造していることで有名ですが、今回のPan America 1250はそんなハーレーダビッドソンのラインナップの中でもかなり異色なバイクになります。

新設計のパワフルなエンジンにより高速だろうが道なき道だろうが余裕で走れちゃいます。

こちらのバイク、一番の注目ポイントは電子制御されたサスペンションです。電子制御されているので信号等で停車した際、自動で車体が下がります。これにより停車時の足つき性能が増し、大柄小柄関係なくどんな方でも安定して乗れるようになっています。

独特なスタイリングで無骨さもあってかっこいいバイクです。サービスエリアで声をかけられること間違いなしです!

3.YAMAHA Tenere700

世界のヤマハ。バイク以外にも楽器を作っていることでも有名ですよね。

こちらのTenere700、今回のラインナップの中で一番のコストパフォーマンスを誇ります。

新車でも120万円前後とアドベンチャーツアラー初心者の方にも比較的手が出しやすい価格となっているのが非常に魅力的です。

今回のラインナップの他のバイクみたいにライダーのための快適装備が豊富についているわけではありませんが、それは決してデメリットではありません。

無駄な機能を無くすことにより、純粋に楽しめるバイクになっています。また、電子部品が少ないことにより、故障した際のメンテナンス費用を抑えることができます。

アスファルトから泥道まで、難なくこなしてくれます。まさにアドベンチャー好きにはもってこいのバイクです!

洒落た機能はいらない!楽しく乗れたらそれでいい!という方、是非Tenere700を試してみてください。

4.Ducati Multistrada V4

高級バイクメーカーとして有名なドゥカティ。スーパースポーツのパニガーレのイメージが強いですが、実は超高性能なアドベンチャーツアラーを作っていることでも知られています。

今回ご紹介するMultistrada V4、ツーリング好きに限らず、バイク乗りが欲しい機能がすべて備わっていると言っても過言ではないくらいに安全、快適機能がてんこ盛りです。

自動車では当たり前になりつつある危険を事前に検知し、警告してくれるレーダーシステム。このアドベンチャーツアラーは世界で初めてこのレーダーシステムを車体の前方、後方に搭載したバイクになります。

安全性能だけではなく、大型メーターパネルや内蔵ナビゲーションシステム、スマートフォンとの連携機能など、最新鋭の技術が詰め込まれていて、快適性にも妥協がありません。

著者が特に注目した部分は、スマートフォン用の収納スペースが車体に組み込まれているという点です。ちょっとしたことかもしれませんが、細かい所までしっかり考えられているバイクだというのが見受けられます。

国産の高級車が買えてしまうほどの値段はしますが、その金額に見合う性能と乗り心地がこのバイクにはあります。

旅の相棒としてここまで頼もしいアドベンチャーツアラーは他にありません!是非お試しを!

5.KTM 890 Adventure R

個性的なバイクで最近人気が出てきているKTM。鮮やかなオレンジ色の車体を見たことがあるという方も少なくないはず。

こちらの890 Adventure R、今回のラインナップの中で一番オフロードに強く、オフロードでも快適なアドベンチャーツアラーだと思います。もちろん高速や一般道の巡航性能もしっかりあり非常にバランスの良いバイクになっています。

どうしても個性的なビジュアルに目を持っていかれますが、クルーズコントロール、視認性の高いTFTディスプレイやABSなど、現代のバイクに付いていて欲しい安全、快適機能もしっかり備わっています。

目立った機能ではありませんが、こちらのバイクは低重心設計になっているため、低速での取り回しが非常に快適です。

アフターパーツも豊富で公式から販売されています。安心の純正パーツで自分だけのバイクへとカスタマイズでき、他者と差をつけたい方にはぴったりなバイクです。

今回の890 Adventure Rに限らず、KTMのバイクすべてに言えることですが、エンジンキャラクターがどれも個性的で、これが楽しい乗り味を生み出していると思っています。一度乗ったら病みつきになること間違いなしです!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は超定番と変わり種のアドベンチャーツアラーを5台紹介させていただきました。

安定思考な方、他の人と差をつけたい方、双方に刺さるラインナップになったかと思います。

アドベンチャーツアラーは定番バイクというわけではありませんが、いざ乗ってみるとその快適さ、万能さに魅了されます。どこまでも走って行きたくなるような気分にさせてくれます。

今までアドベンチャーツアラーに興味がなかった方やそもそもアドベンチャーツアラーを知らなかった方に今回少しでも興味を持っていただけたなら幸いです。

これから趣味としてツーリングを楽しまれる方、旅の相棒をお探し中の方も是非アドベンチャーツアラーをご検討ください!

今回は5台だけの紹介となりましたが、他にもたくさんアドベンチャーツアラーはあります。是非自分に合った、自分がかっこいいと思えるバイクを選んで、楽しいツーリングライフをお過ごしください!