原付の査定額っていくら?相場を詳しくチェック!

さまざまなタイプのバイクの中で最も買取価格が低く見積もられると言われているのが”原付バイク”です。よく「原付」と呼ぶこともありますが、正式には「原動機付自転車」であり、もともとは”原動機(エンジン)が搭載された自転車”として開発されたという経緯もあるのです。

また、道路交通法では排気量が50㏄以下であるバイクが原付バイクとして指定されており、道路運送車両法では排気量が50㏄以下であるバイクが第一種原動機付自転車、125㏄以下のバイクが第二種原動機付自転車と定められています。

原付バイクで走行するにあたっては免許が取得しやすいことや、車体が軽量で扱いやすく燃費が良いということもあって、学生時代には原付バイクに乗っていたという経験をお持ちの方も非常に多いことと思います。

このように原付バイクは根強い人気を誇っているわけですが、いざ原付バイクを買取に出す場合の相場はご存じでしょうか?今回の記事では原付を買取に出す場合の査定額の相場に関して詳しくご紹介していこうと思います。ぜひ最後までご覧ください。

メーカー別・原付バイクの買取相場

まずは原付バイクの買取における査定額の相場をメーカー別に確認していきましょう(査定額はバイク比較.com様を参照しています)。

ホンダ

まずはホンダの原付バイクを以下の表から確認していきましょう。

車種 バイクの状態 バイク比較.com
での最高買取額
良好 悪い
トゥディ 10,000~50,000円 0~10,000円 65,000円
ディオ 0~70,000円 0~5,000円 72,000円
ズーマー 30,000~170,000円 0~20,000円 170,000円
ジョルノ 30,000~130,000円 0~15,000円 138,000円
リトルカブ 30,000~100,000円 0~10,000円 122,000円
モンキー 100,000~550,000円 該当データなし 750,000円
タクト 30,000~100,000円 0~10,000円 100,000円

ホンダの原付バイクの買取査定における大きな特徴は、車種のタイプによって査定額に大きな変動があることです。原付バイクはフォルムとして2種類に分類することができ、跨って走行するバイクタイプと、イスに腰掛けるように走行するスクータータイプとがあります。

スクータータイプであるトゥディやディオなどは良好な状態であれば数万円の査定額が付くこともありますが、状態が悪いと1万円を下回ることもあります。

一方で、バイクタイプにも該当するモンキーやリトルカブなどは、その特徴的なフォルムから根強い人気があり買取における査定相場額はスクータータイプと比較しても圧倒的に高いです。

スズキ

次にスズキの原付バイクの査定相場を見ていきましょう。

車種 バイクの状態 バイク比較.com
での最高買取額
良好 悪い
レッツ 10,000~70,000円 該当データなし 75,000円
アドレスV50 10,000~90,000円 0~10,000円 90,000円
レッツ4 0~40,000円 0~10,000円 41,000円
レッツ4パレット 10,000~20,000円 0~5,000円 20,000円
レッツ5 20,000~30,000円 0~5,000円 35,000円

スズキのバイクはホンダのバイクと比較して買取における査定相場がおおまかな価格帯で推移していることが大きな特徴であり、10万円を超えるようなケースは非常に稀であることが分かるかと思います。

その分、バイクの状態が悪いとなると査定額が1万円を切ることが大半となってしまうので、買取に出す際にはできるかぎり劣化を抑えた状態であることが望ましいといえますね。

ヤマハ

次にヤマハの原付バイクの査定相場を見ていきましょう。

車種 バイクの状態 バイク比較.com
での最高買取額
良好 悪い
JOG 20,000~100,000円 0~10,000円 105,000円
JOG ZR 40,000~100,000円 該当データなし 105,000円
ビーノ 30,000~130,000円 0~10,000円 131,000円
ビーノ DX 30,000~100,000円 該当データなし 105,000円
VOX 20,000~100,000円 0~20,000円 103,000円

ヤマハの原付バイクは、スズキと同様に買取における査定額がおおまかな価格帯に推移しているという特徴がある一方で、スズキよりもやや高値の買取査定額が付けられていることに特徴があるといえます。

良好な状態のバイクであれば10万円近く、または10万円超えの買取査定額が付けられることもありますので、走行距離などが1,000kmを超えていないような場合には、ぜひ買取を検討してもらいたいと思います。

カワサキ

日本の四大バイクメーカーのひとつであるカワサキですが、カワサキはバイク製造において低排気量のバイクにはほとんど手を広げず、中型以上のSSタイプまたはオフロードバイクに徹底しているという大きな製造上の特徴を有しており、それもあって原付バイクの買取実績がほとんどありません。

買取査定額の算出における”バイクの状態”とは?

上記にて日本の四大バイクメーカーの原付バイクの買取における査定相場をご確認していただきましたが、バイクの買取査定額は買い取ってもらうタイミングでの”バイクの状態”によって大きく変動します。

大きくは、非常に良好であるか、比較的良好であるか、普通であるか、悪い状態であるかとバイクの状態を分けることが一般的であるため、ここでは各種の状態がどのような場合を指しているのかを確認していきましょう。

状態:非常に良好

バイクの状態が”非常に良好”であると判断される場合、上記にて紹介した査定額の価格帯の中でも高値で取引をしてもらいやすくなります。具体的なバイクの状態としては、走行距離が1,000km以下でキズやサビがない状態を指しています。

状態:比較的良好

バイクの状態が”比較的良好”であると判断される場合、上記にて紹介した査定額の価格帯の中でも中位で取引をされるケースが多くなります。具体的なバイクの状態としては、走行距離が1,000~5,000kmで、目立つようなキズやサビがない、またはそれらを含め、故障なども比較的簡単な修理によって復活するような状態を指しています。

状態:普通

バイクの状態が”普通”であると判断される場合、上記にて紹介した査定額の価格帯の中でも低い値段で取引をされるケースが目立つようになります。具体的なバイクの状態としては、走行距離が5,000km以上で、それなりのキズやサビがあるものの走行するにあたっては問題のない状態を指しています。

状態:悪い(あまり良くない)

バイクの状態が”悪い(あまり良くない)”と判断される場合、上記にて紹介した査定額の価格帯を更に下回る価格で取引されるケースが目立つようになります。バイクの状態によってはバイクに値が付かず単に引き取ってもらうしかない(引き取り費用のみが発生する)ケースもあります。

走行距離が10,000km近く達していることに加え、あまりにも目立つキズやサビがある、走行するにあたって相当の修理が必要であるような場合には状態が”悪い”と判断されやすくなりますので、買取にあたって相当の査定額が提示されるといった期待はしづらいといえます。

原付バイクの買取査定相場は低い!けれど高く売るための工夫はできる!

冒頭でもご紹介したように、原付バイクは他のバイク(特に排気量が異なるバイク)と比較して買取査定相場は低い傾向にあります。四大メーカーにて製造されている原付バイクの買取査定額が高くても10万円ほどでしたが、より排気量の大きいバイクであれば数十万円の値が付くことは一般的です。

このような事実がある一方で、原付バイクを少しでも高く売るために講じることができる工夫もいくつか存在します。最後にそれらTipsをご紹介して記事のまとめに入ろうかと思います。

代表的なTipsは以下の通りです。

  • 買い取ってもらおうと思ったら少しでも早く実行する
  • 原付バイクをはじめ、バイク全般が高く売れる時期を狙う
  • 原付バイクの買取強化が行われる時期を狙う
  • 少しでも見栄えを良くしておく
  • エンジンや各種のパーツが正常に機能しているか確認しておく

原付バイクをはじめ車両全般は時間が経つに連れて経年劣化をしていきますので、少しでも高額での買取を実現したい場合には、売却したいと思ったときには少しでも早く買取を行うことが重要となります。

その一方で、バイク全般は春先になると需要が高まるため、バイクショップ側も春が到来する少し前の時期から買取を強化する傾向があります。上記にて思い立ったときには少しでも早く買い取ってもらうよう伝えましたが、時期によっては買取強化時期を待ってみるのも策だといえます。

また、これまでの説明からも明らかなようにバイクの状態は査定額に大きな影響を与えます。バイクが走行するにあたって必要不可欠である、エンジンやその他のパーツが正常に機能しているか、どこにキズやサビなどがあるかも確認しておくようにしましょう。

まとめ

原付バイクの買取における査定額の相場に関してご紹介しつつ、査定額に大きな影響を与えるバイクの状態、少しでも高値の査定額を提示してもらうためのTipsに関してご説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

何度か解説したように、原付バイクは他のバイクと比較すると買取における査定相場は低い傾向にありますが、所有しているバイクの種類やバイクの状態などによっては10万円近くの値が付くこともあります。

「そんなに値が付かないんじゃない?」と決めつけて単に処分してしまうのではなく、買取によって利益が出るかも知れない可能性を捨てないようにしておきましょう。

そして、実際に買取を検討しようと思った場合には、ぜひ”Stepup”へお問い合わせください!

Stepupではバイクの買い取り事業を中心にサービス展開をしており、メールや電話での買取査定依頼も受け付けております。さらに、この価格提示に要する時間は最短たったの5分です!。他の買取業者よりも迅速な価格提示を行うことに誇りを持って買取サービスを実施しています。バイクを買い替えるにあたっての買取をご検討の際には、”Stepup”をぜひご活用ください!