関東でバイク乗りにおすすめのキャンプ場3選!キャンプツーリングのポイントも解説!

キャンプへ行く際にはマイカーはもちろん、キャンピングカーを使うこともあるかと思いますが、中にはバイクでキャンプ場へと向かうまでのツーリングを楽しむライダーさんもいらっしゃいます。

キャンプ場へと向かうまでのツーリングを楽しめるだけでなく、バイクであれば「キャンプに行こっかな」と、ふと思った時に最小限のアイテムで行くことができますし、ソロキャンプはもちろん友人を誘えばツーリングを共に楽しめる等、多くの魅力があるといえます。

そこで、今回の記事では関東にあるバイク乗りにおすすめのキャンプ場を3選と題してご紹介していこうと思います。キャンプ場の紹介に入る前にはキャンプツーリングに臨むためのポイントに関してもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

キャンプツーリングのポイント1:道具の準備編

まずはじめに紹介するキャンプツーリングのポイントは、キャンプに使うための道具の準備に関してです。バイクは広い荷台がある自動車と比べると持ち運ぶことのできる荷物の積載量が限られています。

キャンプでは相当量のキャンプグッズが必要となりますが、持っていくことのできる荷物の量がそもそも限られているうえに、車体から大きくはみ出してしまうような長尺のキャンプグッズもあるかと思います。このようなグッズをバイクで運ぼうとすると道路交通法違反に引っ掛かってしまいます。

そして、バイクに積み込む荷物の積載量が増えると、走行中のバイクの操作性にも影響を与えてしまうため、キャンプへとバイクで向かう場合には持っていくキャンプグッズをできるだけ軽くコンパクトにまとめる必要があるといえます。

そのためにはバイクに詰め込むキャンプグッズに優先順位をつけて本当に必要なアイテムを厳選して持っていくことが望ましいです。以下の説明から、ツーリングキャンプで必要な道具の選び方を見ていきましょう。

必要なアイテム1:テント

各種あるキャンプグッズの中でも収納する際に大きなスペースをとってしまうのがテントです。ツーリングキャンプを想定する際にはできる限りコンパクトに収納できるタイプの商品を選ぶことがコツだといえます。

また、ツーリングキャンプの場合にはキャンプのためのアイテムを揃える必要があることはもちろん、ブーツにヘルメット、各種のツールキットといったようにバイクの走行のため、メンテナンスのために用いるアイテムも持ち運ぶ必要があります。

これらすべてをテント内に収納するのは難しいかと思いますので、バイクを使ったキャンプのみを今後も想定するようであれば2人用テントなどを用意してもいいのではないかと思います。

必要なアイテム2:シュラフ・マット

キャンプ場のような環境ではベッドや布団といった普段使っているものと同じような寝具を使うことはできませんのでシュラフ(寝袋)を用意することがベストです。シュラフの選び方もテントと同様にコンパクトに収納可能なものを選ぶようにしましょう。

シュラフのみでは地面の冷えなどを防ぎ切れないと感じるようでしたらマットも用意しておけば安心かと思いますが、これもコンパクトに収納できることを意識するようにしましょう。

必要なアイテム3:ランタン

キャンプ場には都市部や住宅地などで見かける街灯などがほとんどありませんので、キャンプ場での光源となるランタンを用意する必要もあります。ランタンを選ぶ際には、乾電池や充電式のバッテリーで使うことができる、燃料を必要としないLEDタイプのものがバイクへ積載する量を抑えられるためポイントとなってきます。

必要なアイテム4:調理器具

キャンプの醍醐味はキャンプをしながら料理を楽しむことにもあると思いますが、バイクでキャンプへと向かう際には食器としても活用できる調理器具(クッカー)を選ぶようにしましょう。調理とは別に食器を用意する必要がないためバイクに詰め込むスペースの削減につながります。

必要なアイテム5:アウトドアテーブル・チェア

キャンプ場での時間を快適に過ごすためにもアウトドアテーブルやチェアを用意することをおすすめします。コンパクトなサイズのグッズも取り扱わているかと思いますので、ツーリングキャンプ用に1セット用意しておきましょう。

必要なアイテム6:ツーリングバック

キャンプへと持ち運ぶキャンプグッズをバイクにすべて積載することは難しいかと思いますので、バイクに取り付けて使うことのできるツーリングバックを用意しておけば積載できるスペースを増やすことができて便利になるかと思います。

キャンプへと向かう際に使うバイクの車種によってサイズや収納できるキャンプグッズが異なってきますので、持ち運ぼうとしているグッズの総量や、ツーリングバックをバイクに取り付けられるかどうかを確認して選ぶようにしましょう。

キャンプツーリングのポイント2:キャンプ場の選定編

次にツーリングキャンプで重要となるポイントがキャンプ場の選定に関してです。バイクでキャンプを楽しむ場合には先のキャンプグッズの準備編でも説明したように、持ち運ぶことのできる総量に制限があるなど工夫が求められます。

これは何も準備に限った話ではなく、どのようなキャンプ場であればバイクで行ったとしても快適に楽しめるかには差が生まれてきます。以下の観点でキャンプ場を選定なさってみてください。

チェックポイント1:設備がどうなっているのか

はじめに挙げるチェックポイントはキャンプ場の設備に関してです。キャンプ場に旅館やホテルにあるようなお客様目線の・おもてなし仕様の設備を求めている方はいらっしゃらないかと思いますが、それであったとしても外すことのできない設備もあるかと思います。

女性の方であれば、トイレは清潔に使うことができるのか、温泉が完備されているとともにシャワーなどが清潔なのか、などは気にしておきたいポイントかと思います。

チェックポイント2:売店が充実しているか

次に挙げるチェックポイントはキャンプ場の売店の有無に関してです。キャンプで必要となるものは予め準備しておくことが基本となりますが、初心者の方でもベテランの方でも忘れ物をしてしまうことはあるかと思います。

また、ツーリングキャンプの場合には先の説明で触れたように持ち運ぶことのできるキャンプグッズの総量に限りがあります。売店では扱われていないキャンプグッズなどは一通り持っていくことにして、残りのアイテムに関しては売店で揃えてしまうというのも策だといえます。

売店では電池やランタンの燃料、薪・炭なども販売されていますが、既に燃料を使うタイプのランタンをお持ちのライダーさんであれば、先に紹介したLEDタイプのランタンを改めて用意する必要なくキャンプに持っていくことができます。

チェックポイント3:バイクでキャンプサイトへと乗り入れできるか

次に挙げるチェックポイントは、バイクでキャンプサイトへと直接乗り入れすることができるかどうかです。駐車場がきちんと整備されているようなキャンプ場では駐車場に駐車してからサイトまで移動しないといけないかと思いますが、ジャケットやブーツなどのバイク装備を着用しながらの、荷物の持ち運びのための往復は骨が折れるかと思います。

キャンプサイトの中までバイクで乗り入れすることができるようであれば、持ち運びの際の手間を減らすことができます。

チェックポイント4:ロケーションはどうか

キャンプの醍醐味は普段の生活では味わうことのできない雄大な自然の中に身を置けることにあるかと思います。キャンプの目的として、星空を楽しみたいから、川遊びを楽しみたいから、とキャンプをセッティングする方も少なくありません。

悩んでいるキャンプ場がどのようなロケーションであるのか、どのような景色を眺めることができるのかをリサーチすることが重要になります。

ライダーさんにおすすめの関東のキャンプ場3選!

バイクでキャンプ場へと向かう際のポイントを抑えた最後に、関東でおすすめのキャンプ場を3選ご紹介しようと思います!キャンプ場選びに悩まれているライダーさんはぜひご参考になさってください!

今回紹介するキャンプ場は以下の3つです。

  • グリーンパークふきわれ
  • 昭和の森フォレストビレッジ
  • ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

それぞれのキャンプ場を解説していきます。

グリーンパークふきわれ

最初に紹介するのは群馬県沼田市にある”グリーンパークふきわれ”です。キャビンやフリーサイト、区画サイトにバンガローなど、キャンパーそれぞれのニーズに合わせた楽しみ方ができるように設備が揃っているため、本格的なキャンパーさんはもちろん、バイクでキャンプを楽しむライダーさんなど多くの方から人気を集めるキャンプ場となっています。

気になった方はこちらをクリック>>>グリーンパークふきわれ

昭和の森フォレストビレッジ

次に紹介するのは千葉県千葉市にある”昭和の森フォレストビレッジ”です。昭和の森公園の敷地内にある施設であり、この他にも合宿施設や多目的広場なども用意されています。

また、フォレストキャンプ内のオートキャンプサイトにはバイクでの乗り入れが可能となっていますのでツーリングキャンプを楽しみたいライダーさんにもおすすめとキャンプ場となっています。

気になった方はこちらをクリック>>>昭和の森フォレストビレッジ

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

最後に紹介するのは埼玉県飯能市にある”ケニーズ・ファミリー・ビレッジ”です。夏季や土日はファミリーだけの利用となっていますが、これら以外の日にはソロキャンプ割などが用意されています。都心から1時間ほどで行くことができるため平日などにソロキャンプをしようと思い立ってもすぐにキャンプを楽しめるといえます。

気になった方はこちらをクリック>>>ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

まとめ

キャンプツーリングを楽しみたいライダーさんに向けてキャンプグッズの揃え方、キャンプ場の選び方、関東でおすすめのキャンプ場をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「キャンプには相当量のキャンプグッズが必要になるためバイクで楽しむには難しいのでは?」と考えていた方も多かったのではないかと思いますが、工夫次第でキャンプを最大限に楽しむことができることが今回の記事で分かったかと思います。

この記事を通じて「普段はキャンプなんてしないけどツーリングキャンプをしてみよっかな?」と思われたライダーさんが少しでも増えてくれれば嬉しく思います。