バイクの買取相場はいくら?買取相場の調べ方と買取時の査定項目を徹底解説

長くバイクに乗っていると、どうしても修理をする機会が増えたり、そのための出費も膨らんできたりなど、さまざまな理由からバイクの買い替えなどを検討することがライダーの皆さんでしたら、当然あると思います。

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、テレワークや在宅勤務、オンライン授業などが随分と普及することとなりましたが、場合によっては交通機関を用いた移動を余儀なくされることもあり、感染を防止する観点からひとりで移動を可能にするバイクの需要が大きく増加することになりました。需要の増加に伴って、バイクの買取市場もホットになりました。

では、一度収束に向かい再びオミクロン株という変異株が注目される中でバイクの買取相場は今どのような状況なのでしょうか?

今回の記事ではバイクの買取相場を調べる方法と、買取時の査定基準・査定項目としてどのようなものが設定されているのかに関して詳しく解説していこうと思います。ぜひ最後までご覧ください。

買取相場を知っておくべき理由

バイクに乗られてからの経験が浅い方の中には、買取相場を知っておくべき理由というのを十分に理解していらっしゃらない方もいるかと思いますが、予め買取相場を知っておくことでバイクを売却する側にとってさまざまな利点があります。

理由のひとつとして挙げられるのが、買取の際に買取業者にとって都合のいい値段で買い叩かれるのを防ぐためです。悪意を持ってそのような行為を行おうとする業者はほとんどいないかとは思いますが、査定基準やさまざまな諸条件等によって結果的に買い叩かれてしまう結果になることもあります。

しかしながら、買取相場を知っておけば自分のバイクが最低でもどれくらいの値段で売却することができるのかを、買取業者からの買い叩きに遭う被害を小さくすることができます。

また、もうひとつの理由としては、バイクの買取価格が排気量や年式といったバイクの性能だけでなく、買取業者のノウハウ等にも大きく影響することが挙げられます。

同じメーカーの同じ車種であったとしても、その車種に対して独自の販売経路を持っていたり、一定の流通ルートを確保していたりする業者と、そうでない業者では査定額に大きな違いが生まれます。

加えて、カスタマイズバイクや輸入車、原付いったバイクは一般的にかなりの安値で買い叩かれてしまうのですが、これらの特定車種に対して強みを活かしている買取業者に買取依頼をできればご自身が想定するよりも高値で買い取ってもらえる可能性も高くなります。

このようなそれぞれの買取業者ごとの強みなどは一社の買取価格を見ただけでは決してわかるものではなく、バイクの買取相場との比較を持って判断することになります。この判断を適切に行えるようになるためにも、予め買取相場を知っておくことが重要であるとされているのです。

買取相場の調べ方

買取相場を知る意義をご理解いただいた次に、買取相場の調べ方に関して説明していきます。バイクの買取相場を調べるには以下の2つの方法が適しています。

  • 無料のオンライン査定を利用する
  • 販売価格から推測する

それぞれの方法に関して見ていきましょう。

無料のオンライン査定を利用する

バイクの買取相場を調べるうえで非常にオーソドックスな方法であるのが、無料のオンライン査定の利用です。バイクの基本的な情報を入力して送信するだけで、現時点での買取相場がすぐに分かるため、現時点の状況をしっかりと反映した買取相場情報を手にすることができます。

無料のオンライン査定などをすると電話やメールがたくさん届くとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、買取業者からの連絡は査定のアポイントに関する内容だけです。金額交渉などの電話ではありませんので、ご安心ください。

また、そのような査定のための電話なども煩わしく感じる場合には、大手のバイク買取業者等のホームページにてご自身のバイクがどの程度の値段で買い取られたのかを調べてみるというのもひとつの策です。

販売価格から推測する

現在では無料のオンライン一括査定サービスなども随分と普及しているのですが、より手頃に買取価格を調べようと思った際には、販売価格から推定することもできます。

バイク(中古バイク含む)の販売価格は、➀バイクを買い取った値段、②店頭で販売するにあたっての利益、③整備に掛かった費用から算出されています。

そして、それぞれの計算項目の比率はおおよそですが目星をつけることができます。まずは最寄りの店舗やインターネットで自分の乗っているバイクと同じ年式、走行距離、カラーのバイクの販売価格を調べてみましょう。決してこれらの諸条件のすべてが一致する必要はありません。

販売価格に対応した買取価格は以下のようにまとめることができます。

  • 販売価格20万円未満のバイク:買取価格は約3万~5万円
  • 販売価格が20万~50万円のバイク:買取価格は約30万~35万円
  • 販売価格が50万円以上のバイク:買取価格は50万~60万円

販売価格が20万円未満といったように少額のバイクは買取に出したとしても値段がつかないというケースが多いようです。店舗側の利益とバイクの整備代を含めると、これらの計算項目だけで販売価格に匹敵する値段となってしまうためです。

バイクの査定基準・査定項目

これまでの説明でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、買取相場を知ったとしても、いざ買取に出すと相場の±5万円の査定額になるということがあります。この相場とのずれは、買取に出すバイクの状態に影響されるものでもあるといえます。

そこで、ここではバイクを買取査定する際の査定基準や査定項目に関して説明していこうと思います。

査定基準

バイクの買取を行っている業者のほとんどが、下記の表のようにバイクの状態を10段階に分類して査定額の算出に反映させています。

1修理も不可能であり、パーツを取り替える等の手段を用いなければ使えないほど損傷した不動車・事故車
2明らかに長期に亘って乗られていないものや、事故・転倒履歴があり、エンジンが掛からないバイク
3パーツの欠けやキズがある、または改造が施されている、エンジンに少々の不具合が見られるバイク
4パーツの欠けはないもののキズがある、改造の形跡はなく、エンジン等に問題のないバイク
5洗車等による磨き跡はあるものの、目立つキズ、改造等のないバイク
6新古車(登録されており走行距離が1,000㎞未満であり、キズが全く見られないバイク)
7新古車(登録されており走行距離が20~30km以内のバイク)
8新古車(登録されており走行距離が0のバイク)
9新車(オイルやガソリンが入った形跡があるものの、登録されていないバイク)
10新車(オイル・ガソリン等も入っておらず、登録もされていないバイク)

バイクに乗っていればいくら注意深く運転したとしてもキズなどは付いてしまうものであるため、一般家庭に置かれているバイクのほとんどは6、5以下の状態だといえます。

査定項目

次に査定項目に関して確認していきましょう。すべての買取業者が確認している代表的な査定項目は以下のものが挙げられます。

  • フレーム
  • エンジン類
  • 外装
  • 電装・保安部品
  • フロント周り
  • リア周り

それぞれに関して詳しく見ていきましょう。

フレーム

査定額の算出にあたって非常に重要視されるのがバイクのフレームです。具体的にはフレームに曲がりや歪み、加工の有無が無いかを確認されます。

他のパーツと異なり、フレームを交換することはできないため、入念なチェックが行われます。

もしも事故等によってフレームに曲がりや歪み等ができている、それの修理歴があるとなった場合には減額対象となってしまいます。

エンジン類

バイクを運転するうえでエンジンもまた欠かせないパーツであるため、エンジンの状態は査定額に大きな影響を与えます。

まず大前提としてエンジンが掛かるか否かということが重要となるのですが、エンジンが掛からないと一言にいってもさまざまなパターンがあります。

エンジンそのものの不調によって掛からないというパターンもあれば、エンジンにつながっているプラグが損傷しておりエンジンが掛からなくなっているだけというパターンなど、本当にさまざまです。

そのため、エンジンが掛かるか否かも重要視しつつ、掛からないという場合にはどのような原因で掛からないのか、元の状態(稼働する状態)に戻すためにどれくらいの費用が掛かるのかもまた重要となります。

外装

外装はバイクの見た目に直結したものでもあるため、やはり厳しく査定が行われます。

カウルに割れがあったり、タンクに凹みがあったり、外装全体が紫外線等によって経年劣化している場合にはこれもまた減額対象となります。

なお、外装のキズなどはご自身の手で修復しようと試みる人もいますが素人が安易に修復すると、買取業者の目から見れば再度の修復が必要な状態となってしまっていることも多く結局のところ費用が膨らむということにもなりますので、安易に手を付けない方が賢明であることもあります。

電装・保安部品

バッテリーやヘッドライト、メーターなどの電装部品、ウィンカー、ミラー、ブレーキなどの保安部品は公道で走行するうえで必要な部品です。

久しく乗っていなかったバイクなどはこれらの部品が故障していることもありますので、査定の前に予め確認しておくとよいでしょう。

フロント周り

フロントフォークの曲がり、歪み、オイルシートやダストシールといった細かな部分の劣化具合など、ご自身で確認できる範囲で丁寧にチェックしておきましょう。

リア周り

リア周りで必ず確認しておいてほしいのが、リア・サスペンションの動き、スイングアームの曲がり・歪み、腐食が無いかといった点です。

また、チェーンに錆びがあったり、伸びきったりしていても交換が必要となるためきちんと確認しておきましょう。

まとめ

バイクの買取相場はいくらなのか?、をテーマに買取相場を調べる必要性と調べるための方法、バイクの状態に応じた買取査定項目等に関してご説明してきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

買取相場をきちんと把握しておくことは買取業者からの買い叩きを防ぐ手段にもなりますし、ご自身がより理想とする買取の実現のための武器にもなります。実際に買取をしてもらうという際には、今回の記事で説明した内容を思い出しながら、買取相場の調査にトライしてもらえればと思います。

そして、買取相場の調査が完了したら、実査に買取業者を探していくことになるかと思いますが、その際にはぜひ”Stepup”へ問い合わせください!

Stepupではバイクの買い取り事業を中心にサービス展開をしており、メールや電話での買取査定依頼も受け付けております。さらに、この価格提示に要する時間は最短たったの5分です!。他の買取業者よりも迅速な価格提示を行うことに誇りを持って買取サービスを実施しています。バイクを買い替えるにあたっての買取をご検討の際には、”Stepup”をぜひご活用ください!