バイクが事故車でも買取は可能?高価買取しやすいバイクの3つの特徴

バイクが事故車でも買取は可能?高価買取しやすいバイクの3つの特徴

ご自身が乗っているバイクが何らかの理由で事故車となってしまうと、「もう乗ることはできないな」と見切りをつけて廃車を考えるという人も多いことと思います。

また一方で、「事故車ではあるけれど売ることはできないかな」とお考えになる人も一定数いらっしゃることと思います。

一度、事故に遭ってしまった車両(バイク)は例え修理をしたとしても、事故車の肩書きを持つことになってしまいますし、買取をしてもらおうと思っても、「そもそも買い取ってもらえないのではないか」、「できるだけ高額で買い取ってもらえないか」という考えが頭を過ぎるかと思います。

そこで、今回の記事では事故車(不動車)となってしまったバイクは買い取ってもらえるのか、少しでも高価買取を実現するためのポイントなどに関してご説明していこうと思います。ぜひ最後までご覧ください。

事故車とは?

事故車とは

そもそも”事故車”とはどのような車両のことを指しているのかと思われた方もいると思いますが、その定義は”交通事故が原因で動かなくなった車両”となっています。事故にもさまざまなケースがありますが、自損から物損、人身事故など”事故に関わった車両すべて”が事故車という扱いとなります。

事故車と似た言葉として、不動車、故障車という言葉もありますが、不動車は”長期間の放置(未使用)”を原因として動かなくなった車両のことを指しており、故障車は”トラブル”を原因として動かなくなった車両のことを指しています。

動かなくなるという結果はどれも同じでも、そのような結果になった原因が何であるかによっては、事故車ではなく、不動車・故障車という扱いになることもあるため、ご自身が使用しているバイクが本当に事故車という扱いになるのかを買取前にきちんと確認しておきましょう。

事故車となったバイクでも買取してもらえる!

冒頭にて触れたように「事故車は買取をしてもらえないのかも」とお考えの方もいるかと思いますが、結論からいうと、”事故車であっても買取はしてもらえます”。

バイクが事故車になるということは、少なくとも何らかの事故に遭っているということでもありますから、バイクとしての機能が損失しているケースが大半かと思いますが、バイクのエンジンであったり各種のパーツを再利用できる可能性があるため、事故車(不動車・故障車)となったバイクを買い取ってくれる専門業者が存在するのです。

ですので、車両が動かなくなってしまったからといって安易に廃車せず、一度買取を検討してみることがおすすめであるといえます。その結果として買取が不可であるとなった場合から、廃車を検討してみてもらえればと思います。

諦めずに要チェック!高価買取してもらいやすい事故車バイクの特徴

高価買取してもらいやすい事故車バイクの特徴

事故車となってしまったバイクであっても買取可能となっていますが、やはり事故車でないバイクの買取と比較すると、買取価格が多少小さく見積もられてしまうのは致し方ありません。特に事故車となったバイクの買取査定額の算出として大きく影響するのが、①エンジンは利用可能か、②メインフレームに折れ・曲がりなどがないかの2点になります。

上記の2つはバイクを構成するメインパーツでもあり、簡単に交換可能な部品ではないため買取価格に大きく影響を与えるものとなっています。

しかしながら、上記以外にも事故車(不動車・故障車)となったバイクが高額で買取してもらえるケースがあり、以下からそれぞれのケースを確認していこうと思います。

バイクとしての再販ルートがまだ残っている・バイクに使用されている部品に価値がある

事故車となってしまったバイクの買取なども実施している買取業者が、実際にバイクを買い取ってからまず始めに行うのは、小売や業者間でのオークションに流せないかの検討です。買取業者にとってはこれらの手法でバイクを流した方が最も利益を得やすいためです。

ですので、小売や業者間オークションにて再販できる可能性がある場合には、たとえ事故車であったとしても高額での買取を期待することができます。

また、事故車となったバイクをそのままに、流通ルートに流すことができないとなった場合に買取業者が検討するのが、バイクの部品等々のパーツを個別に販売することです。

そのため、ご自身が利用していたバイクに高価であったり、人気が高かったりするパーツが用いられていた場合には、このことを買取業者の方にきちんと説明しておくようにしましょう。

事故車(不動車・故障車)であっても、パーツの傷や摩耗が少ないといった場合であれば、パーツだけであったとしても高価買取を期待することができます。

事故車(不動車・故障車)になってからの期間が短い

事故のケースが自損、物損、人身などさまざまあるように、事故の大きさ(バイクへの損傷の大きさ)にも大小があります。つまりは事故の大きさによっては、事故車になったとしても比較的簡単な修理で実働車に戻せることもあるということです。

実働車に戻せるとなった場合には、バイクとしての機能がそのまま維持されているということでもあるため、実働車に戻すこともできなくなった事故車(不動車・故障車)と比較すると高価買取も期待しやすくなります。

破損している部分が明確

車両全般の買取を行っている専門業者が買取の査定額を算出する際には、バイクや各パーツの売却価値を見積もることはもちろん、事故車となっている場合にはそれらに加えて、破損部分の修理費用や部品の交換費用なども加味して見積もりが行われます。

破損している部分が明確であれば、買取査定額を算出するための手間が省けることはもちろんですが、修理箇所を探すための手間等々も軽減できるため高価買取を期待しやすくなります。

たとえ破損部分が不明瞭であった場合の事故車バイクであったとしても、ご自身で確認できる範囲で構いませんので破損個所をメモしておくようにし、業者に買取を依頼する際にはメモの内容を伝えるようにしましょう。

不明瞭なままにしてしまうと、買取業者側もいくらで売れるかの推定が難しくなり、結果的に安く買い叩かれてしまうことにもなってしまいますので、メモを徹底するようになさってください。

事故車バイクを少しでも高価買取してもらうための方法

事故車バイクを少しでも高価買取してもらうための方法

事故車(不動車・故障車)となってしまったバイクも場合によっては高価買取を期待することができるとお伝えしましたが、それ以外にもバイク所有者の努力次第で高価買取を期待できることもあります。

以下から確認していきましょう。

修理工場を自社で構えている買取業者(バイクショップ)に買取依頼を出す

買取業者は事故車バイクを買い取った後に修理を行う必要性が出てきますが、この修理を自社で行えるとなった場合には、他の修理専門業者にバイクの修理委託をする必要性もないため、結果的に買取業者が負担する費用が小さくなります。そして、その結果が買取価格の方にも影響するようになります。

当然ですが、買取業者がバイクの買取後に負担する費用が小さい方が買取価格も高くなりやすいですので、買取依頼を検討する際には自社に修理工場を構えているか否かもチェックしてもらえればと思います。

複数の買取業者に依頼を出し比較検討を行う

事故車となったバイクの買取をおこなっている業者はさまざまあり、それぞれが提示する買取価格にも多少の差が出ます。

買取価格に差が出てくる背景には、買取依頼を出した業者が今まさに買い取ってもらおうとしているバイクの流通網等に熟知しているかが影響してくるからです。一言にバイクショップといった場合であっても、外車を得意としている業者や国産車の流通網を把握している業者、カスタム車を得意としている業者などさまざまです。

やはり、買取業者が把握している流通網でバイクを流せるとなった場合の方が買取業者としてもバイクを買い取るにあたってのリスクを小さくすることができるため、これが結果的に買取価格に影響してくることとなるのです。

このような買取業者側の裏事情があるため、事故車(不動車・故障車)バイクを買い取ってもらおうとする場合には、複数の買取業者に買取査定の依頼を出した方が賢明であるといえます。

まとめ

事故車(不動車・故障車)となってしまったバイクは買取が可能なのか、買取を行ってもらうとなった場合にどのようなバイクが高価買取を期待しやすいのか、バイク所有者の努力による高価買取実現のポイントの3つの観点から説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事をご覧になって、愛用していたバイクが事故車となってしまい、廃車を検討していた方の中から少しでも、他の手立てがあることを知り別の手段を講じる方が増えてくれれば嬉しく思います。

また、実際に買取を検討する際に、買取先の候補としてお考えいただきたい買取業者があります。それが”Stepup”です。

Stepupではバイクの買い取り事業を行っていることはもちろん、サービスとして電話やメールでの買取価格の提示も行っており、この価格提示に要する時間はたったの約10分です(早い場合には5分で価格提示することもあります)。Stepup自身、他の業者よりもスピーディーに価格提示を行うことに誇りを持って買取サービスを実施しています。

さらに、お客様に満足いただける査定技術の蓄積・買取価格の提示を心掛けており、一度提示した買取価格を下回るようなことは決してありません。バイクの買取をご検討の際には、そんなサービスを提供している”Stepup”をぜひご利用ください!