【必見】バイクの汚れや傷をキレイにして、買取価格を上げたい方へ!

買取してもらうために、久々バイクを見たら知らない間に汚れが傷があったため、どうしたらいいのかわからず放置している・・・

買取前に汚れが傷をなくした方がいいのか分からず、気づけば放置している・・・

このように、初めてバイクの買取を行う際に、「バイクをキレイにしたい気持ちはあるけれど、本当に買取価格に影響するのか」悩んだことはありませんか。

また、知らない間にバイクに汚れや傷があるため、バイクの買取を検討しているけど「傷があっても買い取って貰えるか不安・・・」という方は多いのではないでしょうか?

実際、買取などの手放すタイミングになったときに、普段気づかなかった汚れや傷を発見してしまうことがほとんどです。

「面倒だからそのままの状態でも買取してもらおう!」の考えは、せっかく買取価格が付くバイクも無料買取になってしまい、損になります。

今回は、傷の補修やバイクの洗車をしたところで、本当に買取価格に影響するのか気になる方に向けて
”買取前に洗車すると金額は変わるのか”
”買取する際、業者はどこを見て査定するのか”などについて詳しくご紹介します。

バイクを買取する際、業者はどこを見て査定するか?

「買い取ってもらう前にどういう処置(メンテナンス)をするとよいのでしょうか?」
買取の際に、このような質問を多くもらいます。バイクを手放す人にとって、知ることができれば、好都合の事柄ですよね。
しかし、一概に一つだけメンテナンスをしっかり行えば買取価格に影響するといったことはありません。

基本的には、他項目にわたるので全てを網羅することは不可能だと思いますが、大まかにStepupの項目を下記にまとめてみました。

  • 車体の汚れ
  • 金属部分の腐食
  • 走行距離
  • タイヤの磨耗
  • ブレーキパッドの磨耗
  • 車体の発売年
  • 市場の人気度合い
  • 事故歴や改造、修理の有無(有の場合、査定はマイナス)

”ブレーキパッドの摩耗”の項目までは、洗車やコンパウンドなどメンテナンスによって、ある程度自力で補えるものになっています。
”車体の発売年度”の項目以降は、自身の努力では補うことが難しい市場や環境などで、価格が決定されてしまいます。

バイク買取の際、傷ありは大丈夫?

「バイク買取の際に傷があっても大丈夫か」について解説していきます。結論から言うと、傷があっても買取は可能です。

傷といってもさまざまな種類があり、主なバイクの傷の種類としては擦り傷や凹み・転倒による大きな破損などが考えられます。

上記の傷のほかに

  • 故障車
  • 不動車(動かなくなってしまった車)
  • 廃車(買取が難しい状態の車)

などの状態のバイクも想定されますが、こちらについても買取をしている業者はあります。

ただし当然のことながら、傷や凹みなどの大きさによって査定額は上下します。さらに、傷によっては自分で修理してもいいもの・そうでないものが存在するのです。

修理してもいい傷・そうでない傷?

バイクの傷によっては、自分で修理してもいいものとそうでないものがあります。素人がセルフで傷や凹みを修理しようとしても、多くの場合がキレイに仕上がっていません。

例を挙げると

  • 傷や凹みが直しきれていなかった
  • 塗装にムラがある
  • 部分的に違和感がある
    などです。

これらの直しきれていない箇所は、査定業者が見ると一発で分かってしまいます。セルフ修理の箇所を業者が手直しすることになり、さらに手間と修理費がかかり査定額を下げることになってしまうのです。

”簡単なパーツや部品の交換で済む場合”以外は、セルフ修理はなるべく避けることをオススメします。

査定前の洗車で買取金額は変わるのか

査定前の洗車などの手入れについて解説していきます。

ひどい汚れのバイクの場合、洗車などを行い汚れを十分に落とすことで傷や凹みに対して正確な査定額を提供できるため、買取価格がつき金額が大きく変わることがあります。
ひどい汚れの中から車体の状態やサビ、劣化具合などを正確に見分けることが難しいため、予測で査定しなければなりません。このような正確に査定できない箇所に関して、査定に反映されることが難しいため、買取価格がつかないケースが多いです。

しかし、買取価格がつきにくい原因が”汚れ”によるものであるため、洗車など原状復帰を行い、傷や汚れを十分に無くすことで大きく価格が変わることがあるのです。

買取業者にもよりますが十分に手入れした際は、買取価格0円→数万円になることがあります。
「キレイに洗車のみで数十万円単位で高く買い取り」は、現実的に不可能に近いので、限度として”数万円の可能性がある”というのを頭に置いておきましょう。

一方でちょっとした汚れの場合、買取金額は変わらないことが多いです。査定前に車体の汚れやサビ、傷の有無は気にしなくも問題はありません。普段からちゃんと手入れをしているか、メンテナンスしているかどうか、サビや汚れの有無にかかわらず、車体の状態を判断できるからです。

査定では、バイクの状態を総合的に判断しているため、走行距離が長いバイクでも日頃からメンテナンスしてあれば比較的高い査定になる可能性は十分にあり得ます

どのぐらい車体をキレイにしたらいいのか

外装がひどく汚れたバイクをキレイにした後、Stepupに依頼することで0円買取 → 数万円の買取価格に変わります。

洗車〜コンパウンド(計30分)のビフォーアフターをご紹介するので、ぜひご参考ください。

洗車〜コンパウンド(Before)

正面
右側面
背面
左側面

洗車〜コンパウンド(After)

正面
右側面
背面
左側面

まとめ

今回は初めてバイク買取を検討されている方に向けて
「買取業者はどこを見て査定するか」「バイク買取に傷ありは大丈夫?」「修理してもいい傷・そうでない傷」「査定前の洗車で買取金額は変わるのか」などをご紹介しました。

バイクの買取に関しては、基本的にほとんどのパターンが買取可能という認識で問題ありません。

そしてバイクにはセルフで修理してもいい傷・しない方がいい傷がありますが、ほとんどの場合セルフ修理はオススメではありません。素人が修理して傷を大きくしてしまうよりは、洗車などクリーニングのみでとどめた方が無難でしょう。

このように、初めての方にとってはバイク買取をする上での手順や、不安点がたくさん挙げられると思います。
バイク買取についてご検討の方買取の手順がわからない方無料査定などご希望の方は、Stepupのホームページをぜひご覧ください。

「エンジンがかからず動かない」や「転倒してしまって傷や削れが多くある」「高頻度で使っていたため、過走行である」など、さまざまな状態でも愛着の沸いたバイクを売却することは、とても寂しいものです。

そのため、私たちは日頃からお客様に満足していただける買取価格をご提案させていただいています。

雨の日でも無料出張査定・無料見積もりを行っていますので、お気軽にご連絡ください。