動かないバイクが売れる!【6つの特徴】

「エンジンがかからず動かないバイクは、買取や下取りに出したら売れるのか」
「長い間放置していてバイクは売れるのか」など
動いてくれないバイクが売れるのか気になる方はいるのではないでしょうか。

自ら日常的にバイクをメンテナンスしていた方であれば、原因を突き止めることはそんなに難しくないかもしれません。

しかし、
「メンテナンスはいつもバイクショップにお願いしていた」
「バイクは好きだけど、メンテナンスに関しての知識はそこまで知らないな」
といった方にとっては、わからないことばかりですし、バイクが動かないことが不安になっていることでしょう。

動かないバイク(不動車)は、どの状態のにあるのかをしっかりと知ることで、買取できるバイクであることに気づけることができるでしょう。

今回は、動かないバイクの種類や動かないバイクの買取に出したら引き取ってくれるのか、また処分方法は何があるのかについて解説していきます。

バイクを買取や下取りに出そうと考えている方は、是非、参考にしてみてください。

不動車?故障車?事故車?それぞれの違い

そもそも、不動車とは何のことでしょうか。

「故障車と事故車を総称して不動車なのではないか?」と思っている方もいることでしょう。

ここでは、不動車や故障車と事故車との違いを具体的に説明していきます。

不動車とは

不動車とは、長期間動かさないことが原因でエンジンがかからなくなったバイクのことです。

しかし、故障や事故を起こしてから長期間動かしていないバイクは、不動車ではなく、これから説明する故障車や事故車に分類される可能性が高いので注意しましょう。

不動車は、事故車や故障車とは異なり、比較的簡単な修理で再度動かすことができるようになります。

そのため、故障車や事故車と比べて、高価買取してもらいやすいバイクと言えます。

故障車とは

故障車とは、故障が原因で動かなくなったバイクのことです。

例えば、エンジンや各種パーツが故障し、修理しようと思ったが、修理費用が高額であるため、修理を断念してバイクをそのまま放置しているケースがあります。このようなケースのバイクをまとめて「故障車」と呼んでいるのです。

当社のように故障車の買取を行っているバイクショップもありますが、基本的には買取を断られることが多い傾向があります。

事故車とは

事故車とは、事故が原因で動かなくなったバイクのことです。「自損・物損・人身」など、何かしらの事故に関わっていると、全て事故車として扱われます。

不動車はどこで処分してもらえる?

ここでは、不動車の処分方法について具体的に説明していきます。

バイク買取業者

不動車の処分方法として、バイク買取業者に買い取ってもらう方法があります。

バイク買取業車に買い取ってもらうことが一般的になります。

バイクの状態によっても異なりますが、バイク買取業者に不動車を買取してもらうメリットは、処分費用:¥0でバイクを処分してくれることです。

バイクに価値がある場合、数万円~数十万円で買取してくれることもあります。

無料出張買取や無料査定を行っているバイク買取業者もあるので、不動車の処分を考えている場合、まずはバイク買取会社に査定や買取を依頼してみましょう。

バイクのディーラー

不動車の処分方法として、バイクのディーラーに引き取ってもらうという方法があります。

ディーラーも基本的には、無料で不動車を引き取ってくれますし、バイクに価値がある場合はバイク買取業者と同様、不動車を買取してくれる場合があります。

しかし、バイク買取業者よりも買取金額が低い傾向にあるので、買取金額に関しては大きな期待をしない方が良いと言えるでしょう。

産業廃棄物処理業者

不動車の処分方法として、産業廃棄物処理業者に引き取ってもらうという方法があります。しかし、産廃業者は遠方から出張で来ている場合が多く、一度依頼するとキャンセルできないといった注意点があります。

また、運搬費用や処分料も基本的には有料なので注意しましょう。

そのため、産業廃棄物処理業者に不動車の処分を依頼するのは、最終手段として考えておきましょう。

高価買取してもらえる不動車の6つの特徴

「動かないバイク(不動車)は買い取ってもらえない」と考えるのが一般的なのではないでしょうか。

しかし、バイクのさまざまな特徴によって買い取ってもらうことが可能になるのです!

ここでは、比較的高価買取してもらいやすい不動車の6つ特徴を具体的に説明していきます。

輸出用のバイク

海外で人気の高い輸出用のバイクは、高価買取してもらいやすい傾向があります。

海外に輸出する場合、1日や1週間で現地に着く訳ではありません。長い船旅になるため、「現地に着くころには、エンジンがかからなくなるのだから、エンジンがかかるかどうかは気にしない」という考えで貿易業者が取引をしています。また中には「キックが下りれば良い」という業者も存在します。

基本的に現地で修理してから販売するため、輸出用のバイクは不動車でも高く買取してくれるのです。

パーツオークションで売却できる

パーツオークションで売却できる不動車は、高価買取してもらいやすい傾向があります。

不動車の販売ルートが残されていない場合は、売れるパーツはないかという視点で買取の判断をして行きます。

この時、高価なパーツや希少なパーツがあれば、高価買取してもらえる可能性が高いでしょう。

また、キズや摩耗が少ない場合は、さらに高く買取してもらえる場合があります。

バッテリー交換

不動車であってもバッテリーを交換すれば動く場合は、高価買取してもらいやすい傾向があります。

また、ジャンピングや押しかけでエンジンがかかるようなバイクも、基本的には高価買取してもらえる傾向があります。

不動の期間が短い

不動車になった期間が短いバイクは、高価買取してもらいやすい傾向があります。

基本的に、バイクが動かなくなったとしても、不動車になった期間が短ければ短いほど、実動車に戻せる可能性が高くなります。

一方で、不動車になった期間が長いバイクは、各種パーツの劣化が激しい場合やタンクやフロントフォークがサビている場合がほとんどであるため、実動車に戻せる可能性は低いと言えるでしょう。

そのため、不動車になった期間が短ければ短いほど、基本的には高価買取してもらえます。もし、「このバイクにはもう乗らない」というのであれば、なるべく早くバイク買取業者に買取依頼をしましょう。

動かなくなった原因が明確

動かなくなった原因が明確である不動車は、高価買取してもらいやすい傾向があります。

買取後に余計な修理箇所を見つけてしまうというリスクを事前に避けることができるからです。

つまり、動かなくなった原因が明確であれば、余計なリスクを考慮して買取価格を下げる必要がないので、自然と買取価格は高くなるのです。

反対に、何が原因で不動車になったのか分からないバイクは、買取価格が大幅に低くなります。

そのため、不動車になった原因が分かっているのであれば、事前にその原因を伝えるようにしましょう。

丁寧に保管

丁寧に保管されていた不動車は、高価買取してもらいやすい傾向があります。

具体的には、雨風や直射日光を防げる室内で保管されていると、高価買取してもらえるといえるでしょう。

丁寧に保管されていると、各種パーツの痛みや劣化が少ない場合がほとんどだからです。

実際、丁寧に保管していた結果、不動車なのにもかかわらず一般的な中古車と同じ価格帯で買取してもらえたという実例もあります。

不動車をバイク買取業者に買取してもらうメリット

基本的に、不動車はバイク買取会社に買取してもらうことをおすすめしています。

それでは、不動車をバイク買取会社に買取してもらうメリットは何があるのでしょうか。

以下では、そのメリットを具体的に説明していきます。

面倒な手続きを代行してもらえる

不動車をバイク買取会社に買取してもらうと、面倒な手続きを全て代行してもらえるというメリットがあります。

個人的に不動車を売却する場合は、処分手続きや書類の作成、そして処分業者の手配など様々な手続きを行わなければいけません。

慣れている方であれば問題ありませんが、バイクを手放すのが初めてという方は、少々面倒に感じるでしょう。

しかし、バイク買取会社に買取を依頼することで、処分手続きや書類の作成などは買取してくれる会社が全て代行してくれます。

現金化までの期間が短い

現金化までの期間が短いというメリットがあります。

バイク買取業者は、その名の通りバイクの買取に特化した会社です。

そのため、早ければその日にバイクを査定し、1週間以内に指定した銀行口座へ買取金額を振り込んでくれます。

現金化まで1ヶ月近くかかる業者もあるため、今すぐ現金が欲しい方はバイク買取業者に買取を依頼しましょう。

不動者・故障車・事故車なんでも買取可能?

Stepupは、元大手バイクオークションの検査員が独立開業したお店です。
所属時から手がけた車両は延べ20万台以上。この経験に裏打ちされた確かな査定技術により、状態や時期によって日々変化する車両の価値を丁寧に見極め、査定価格を提示いたします。

神奈川県・東京都を中心に無料出張買取や無料査定を行っているので、不動車の処分を考えている場合、まずはStepupに査定や買取を依頼してみましょう。

・古いバイク・壊れたバイク
・エンジンのかからないバイク
などの無料処分も行なっています。
運ぶ手段がなくてもご心配はいりません。
弊社スタッフが出張・引き取りに伺います。