200台以上の買取している業者が教える原付バイクを売るために必要なこと

「原付がボロボロなってしまい、今すぐ売りたいが売れるのかわからない」

「通勤に使う原付バイクが古くなってきたので、買取をしてもらいたいがどうしたらいいかわからない」

と悩みを持っていませんか?

今回の記事では、原付バイクを売る方法を解説していきます。

この記事は以下のような人にオススメです!

  • 原付バイクの買取を簡単に知りたい人
  • 原付バイクの買取に必要なもの
  • 原付バイクの買取をスムーズに進めたい人

原付とは?

原付は原動機付自転車のことを指します。

一般的には、排気量50cc以下を原付とイメージする方は多いのではないのでしょうか。

厳密には、道路交通車両法により二輪車のうち排気量125cc以下を原付と定めております

・排気量50cc以下を「第一種原動機付自転車」

・排気量50cc超〜125cc以下の二輪車を「第二種原動機付自転車」と規定されています。

そのため今回は、排気量125cc以下のバイクを原付としてお話しさせていただきます。

原付を売る際に必要な書類

バイクの買い取りを依頼する際に、必ず用意しなければならないものがあります。

どれも入手が困難なものではなく、通常はすぐに用意できるものなので、事前に準備しておきましょう。

身分証明書

  • 住民基本台帳カード(写真入)
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート など(いずれか1点でOK)

買い取りを依頼する場合は、身分を証明するための書類の提示を求められます。運転免許証が一般的ですが、健康保険証やパスポートなどでも構いません。

身分証明書はいずれか1点を用意してください。

注意したいのは、買取を依頼するバイクを所有する人の身分証明書でなければならないことです。

本人名義ではない方がバイクの買取を依頼する場合は、委任状を求めることがあります。

所有者ではない人が勝手にバイクを売却してしまうと、トラブルになりかねません。

そのため、委任状にバイク所有者の「記入+押印」してもらいましょう。

少しでも不安な方は、事前に当社などの買取業者に何が必要かを確認して、必要な書類を準備しましょう。

原付バイクの書類

バイクの排気量よる登録区分の違いから書類の名称が異なりますが、原付バイクの登録書類には以下が必要です。

  • 原付(50cc以上~125cc以下の場合):標識交付証明書

車台番号/車名(メーカー名)/型式/排気量/納税義務者の住所・氏名・電話番号など、記載されています。
買取を依頼するバイクに関する書類のため、必ず事前に用意しましょう。そして、自身の名義になっているかどうかも含めてしっかり確認してください。

自賠責保険証書

バイクを公道で運転する場合、必ず加入しなければならない保険です。

自賠責保険の加入期間内であれば、自賠責保険証書も用意するようにしてください。

自賠責保険の期限が切れていても、バイクの買取には影響しません

自賠責保険証書は再発行も可能ですが、買取に必須の書類ではないため、事前に買取業者に準備が必要かどうかを確認するとよいでしょう。

付属の取扱説明書、車載工具など

バイクには、バイクメーカーが発行した取扱説明書ユーザーズマニュアルなどがあります。

付属部品や後付け部品などの取扱説明書・保証書などがある場合は、それらも買取査定の際に提示できるようにしましょう。

専用の車載工具なども事前に点検して、正しく搭載していることを確認してください。

準備することが難しい場合でも買い取ってもらうことはできますが、買取価格に影響することがあるため、用意することをオススメします。

印鑑

売買契約書や買取証明書に押印する場合があるため、認印も準備しておきましょう。

その場で買取金額を受領する場合、受領したことを証明するための押印が必要になることがあります。

シャチハタではない印鑑を用意してください。

原付を売るためにやるべきこと

ここでは、原付バイクを売る前にやっておくべきことをご紹介します。

今よりも高く売れる可能性もあるので、前もって行っておくと良いでしょう。

保管に注意しておく

保管場所については、なんといっても屋根のあるところ、出来れば壁もあればバッチリです。

ガレージや納屋なんかがあれば最高ですね。とはいえ、そんな空きスペースがある方ばかりではないと思われますので、屋根のないところに長期間おいておくならば、せめてカバーをかけておきましょう。

あまり乗らない方は、定期的にエンジンをかけてあげるだけでも効果的です。

何ヶ月もエンジンをかけていない状態で、買取業者の前でエンジンをかけてみたら、かからないなんてことになったら大変ですからね。

複数で原付バイクを査定してもらう

原付バイクを高く売りたい場合は、複数の業者で原付バイクを査定してもらいましょう。

原付バイクの買取相場は、状態や種類などによってある程度決まっています。

しかし、原付バイクを買い取る価格は、各業者によって異なります。

例えば、A社には「この原付バイクは状態が比較的良い。だから7万円で買い取る」と言われたとしても、B社には「この原付バイクは状態が非常に良い。だから10万円で買い取る」と言われることもあります。

各業者によって買取価格は異なるので、なるべく複数の業者で査定してもらい、最も高く買取してくれる業者を選びましょう。

原付バイクが高く売れる時期に売る

原付バイクを高く売りたい場合は、3月〜6月あたりに売りましょう。

バイクショップの繁忙期は、4月以降と言われており、その中でも特に4月と7月はバイクが最も売れます。

原付バイクは、通勤・通学に用いられることが多く、年度の始まる前で購入されることが多いからです。

バイクショップは4月以降の繁忙期に備えて、1~3月はバイクの在庫を確保しようとします。つまり、多少買取価格を高くしてでも多くの原付バイクを保有しておきたいと考えるのです。

そのため、3〜6月あたりは1年を通じて買取価格が高くなる傾向があります。

ボロボロの原付バイクでも売れるの?

基本的に、売る間際までバイクに不具合なく走ることが可能であれば、問題なく買い取ってもらえるでしょう。

しかし、「自分のバイクは日焼けで色褪せてしまってる…」「傷や凹みが多く、見た目がボロボロになっている…」

という方は、買取してもらえるかどうか不安なのではないでしょうか。

基本的に大手買取業者で依頼する場合、ある一定の品質を超えていない限り、値段がつかず買い取ってもらえません。

そのため、「廃車にする」もしくは「知り合いにタダで譲る」といった選択を迫られることとなります。

Stepupは、どんなバイクでも買取を可能にしています。

古いバイク/壊れたバイク/エンジンのかからないバイクなど、バイクの処分が面倒で放置しまっている場合でも、お任せください。

バイクを運ぶ手段が全くない方でも、出張・引き取りにいつでも伺います。