バイクを売る時期によって高く売れる?この答えは…YES!

「引っ越しをすることになって、邪魔になってしまうから」
「車や他のバイクに乗り換えることになったから」
「乗る機会が減り、所有している意味がなくなったから」など、バイクを売るきっかけはさまざまです。

ただ、バイクを売る際に最も気になるのは、もちろん買取金額かと思います。
愛着湧いたバイクを、少しでも高く買取ってもらえたほうが、清々しい気持ちで手放すことができるでしょう。

それでは、バイクを高く買取ってもらうには、どうすればよいのか。

実際にバイク買取業者をしている筆者が、「時期による買取金額の変動はあるのか」や「バイクを売る時期で買取金額が高くなるのか」、「買取金額が下がってしまうことはあるのか」を解説していきます!

バイクの買取金額は影響されるのか

バイクの需要に影響される時期

バイクの需要が増える時期バイクの需要が減る時期
3月〜4月(新生活始まる前後)
長期休み前(GWやお盆休みなど)
12月〜2月(寒い時期)

バイクユーザーの6割が、「通勤や通学」目的でバイクを使用していると答えており、新生活が始まる前後の3月〜4月にバイクの需要が高まることにつながります。

また、月で数回以上バイクを利用している人は「買い物・食事」目的が6割以上、「レジャー」目的が4割以上となっており、長期休みなどツーリングがしやすい時期に需要が高まると考えられます。

バイクの需要が減る時期は、基本的に雨や雪がふる寒い時期で12月〜2月です。

「通勤・通学」目的の方にはあまり影響はない場合がありますが、「買い物・食事」や「レジャー」目的として使用している方にとっては、冷たい雨風に当たることがストレスと感じるようです。
指先や足先の冷えは深刻ですからね…

近年、「買い」の傾向が変わってきている

「インターネットの普及によりバイクが探しやすくなっている」や「バイクユーザーの高齢化」など、最近はインターネットによって場所や時間を選ばず、購入できるようになり、雪が降らない地域のユーザーや季節を気にしていないユーザーが購入できるようになってきています。

また、バイクユーザーの半数以上は40歳以上が占めており、バイク購入には、バイクの用途が通勤にとどまらず、季節はあまり関係がなくなってきていると考えられるでしょう。

バイクを売る時期を知ろう

結論として、先ほど説明したバイク需要の高い時期に売ることが、高値で売れる時期といえるでしょう。

3月〜4月

この時期は新生活の準備が始まり、バイクで通勤・通学を考え始める人が増えます。

さらに、4月末にはGWの大型連休が控えており、売上げ台数が大きく伸びるため、春はバイク販売店が在庫を揃えたい時期という理由があげられます。

6月〜8月

一年バイク市場は最も大きく盛り上がります。

ボーナスの支給やお盆、夏休みが重なることもあり、多くの方が遠くへ出かける機会が増える時期だからです。

しかし、8月に入るとバイクの査定価格は徐々に下がっていくので、できるだけ夏前に売却できるように行動しましょう。

査定が上がりやすい要因

「バイク店に在庫が少ない」「繁忙期前に在庫を確保したい」「取引が少ない日(悪天候)」などの条件で、査定金額が上がりやすくなることがあります。

在庫が少ない、または繁忙期前に在庫を確保したい業者は、仕入れに力を入れるため査定金額を上げてでも買い取りを行うでしょう。

大企業の場合、買取目標台数などを決められいることが多く、梅雨の時期など悪天候が続き、売却のキャンセルが多くなる時期は、高値で買取をしてくれる可能性が高まります。

査定が下がる可能性がある要因

「メーカーから新しいモデルが販売される」「バイクを売る人が多い時期」などの理由で買取金額が下がる場合があります。

相当人気のあるモデルでない限り、バイクは型落ちしてしまうと、買取価格は下がるでしょう。また、高く買い取ってもらうには、タイミングや運も重要です。売る人が多く、供給が満たされていると、業者は無理に買わなくなります。

まずは買取査定してもらい、売る時期であると思えば契約をしましょう。

買取の前にやっておくこと

これまで、バイク市場やユーザーの傾向など外的な要因からの視点で、高く買い取ってもらえる事柄を説明してきました。

その時期を待ってから売ることも可能ですが、現状のバイクが売るべき時期になったとはいえ確実に高く売れるわけでもありません。そうなってしまっては、維持にかかる費用や時間も無くなっています。

では、自分でどうすることもできないのか?

そういうわけではありません。以下の方法があります。

  • 多くの業者に査定してもらう
  • 日頃の定期的なメンテナンス

少しでも高く買い取ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

多くの業者に査定してもらう

1社だけの情報では、提示された価格が適正かどうかの判断できません。

1社だけで査定してもらうより、2社以上の業者に査定を依頼したほうが、高値で買い取ってもらえる確率が上がります。

しかし、複数の専門店にから見積もりを集めると、それぞれの査定士とのやり取りを通して、自分の愛車の需要や、高く売れない理由などがわかるようになります。

一般的には、最低でも2~5社で相見積もりをすることを目安として、業者に査定してもらいましょう。

日頃の定期的なメンテナンス

買取の環境は整っているのに、バイク自体の状態が悪いと高値で売れません。

査定時に、バイクの外装にキズやへこみの有無、エンジンやバッテリーに異常の有無など、細かいチェックが行われます。

バイクの状態が悪く、高値で売れなくなる前に日々のメンテナンスを大切にしましょう。

日頃からこまめな洗車やオイル交換などを行い、バイクの劣化を防ぐことが大切です。

また、バイクの保管場所もできるだけ日が当たらない、雨風が防げる場所バイクカバーをして管理するように心がけましょう。

まとめ

  • 需要が増える時期やその前の時期にバイクを売ると、買取金額が上がりやすいのでお得に売却することができる
  • 3月〜8月など、バイクに乗りやすい暖かい季節は需要が高まり、バイクの供給も増えるため、早めの申し込みがオススメ

Stepupはバイク買取や回収、廃車代行など、バイクを手放す際のお手伝いをさせていただいてます。

バイク買取や廃車のことで「悩んでいる」「気になっている」など、相談したいことがあれば、お気軽にご連絡ください!