【神奈川県】バイクを売る際に必要なモノってなに?

「バイク売却に必要な書類が何かわからない…」

「自分で書類を準備するのはちょっと難しい…」とバイク売却が面倒に感じている人も多いのではないでしょうか。

バイクを売るときにはさまざまな書類が必要になります。

本記事では、"バイクを売る際に必要な書類"や"必要書類を紛失した場合の対処法"、さらに"バイクを売るまでの流れ"についても解説します。

[排気量別]バイクを売る際に必要な書類

バイクを売る際に必要な書類は主に排気量によって異なります。

バイクを売却する際には、名義を自分から買い手に変更する名義変更手続き、一時的にバイクを使用しない状態にするための廃車手続きをする必要があります。

業者に任せる場合、以下の項目ごとで必要な書類を詳しくみていきましょう。

・すべての排気量のバイクに共通して必要な書類

・124cc以下に必要な書類

・125cc〜250cc以下に必要な書類

・251cc以上に必要な書類

すべての排気量のバイクに共通して必要な書類

すべての排気量のバイクに共通して必要な書類は、以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート、健康保険証など)
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 保護者の同意書(未成年の場合のみ)

未成年の場合は、保護者の同伴電話確認が必要になる店舗や保護者の身分証が必要となるケースがあるのでご注意ください。

上記の書類に加えて、バイクの排気量によって用意が必要な書類があります。

125cc以下(原付一種・二種)に必要な書類

  • 標識交付証明書

標識交付証明書は、ナンバーと一緒に渡される書類であり、各市町村の役所が管轄しています。

126cc~250cc(軽二輪)で必要な書類

  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証返納済確認書(廃車済みの場合)
  • 軽自動車届出済証返納済証明書(廃車済みの場合)

軽自動車届出済証は、ナンバーと一緒に渡される書類であり、運輸支局が管轄しています。

251cc以上(普通二輪・大型二輪)で必要な書類

  • 自動車検査証(=車検証)
  • 自動車納税証明書
  • 自動車検査証返納証明書(廃車済みの場合)

自動車税は、未納のままでは手続きをスムーズに進められない可能性もあるため、納税完了にしてから売却をしましょう。

納税証明書も用意しておくと、スムーズに売却が行われます。

必要な書類を紛失した場合の対処法

先ほど、必要書類を解説しましたが、中には時間をかけて手に入れた書類を紛失してしまい、困っている方もいるかもしれません。

しかし、紛失した書類は再発行が可能です!

いずれの書類も再発行できるため、失くしてしまった場合でも落ちついて対応しましょう。

以下では、紛失した書類を再発行する方法をバイクの排気量別に解説します。

すべての排気量のバイクに共通して必要な書類の再発行方法

すべての排気量に必要な書類を紛失した場合の再発行の手順は、次のとおりです。

紛失した書類再発行方法
自賠責保険証明書加入している保険会社から再交付申請書を入手し、再発行を申請する。
(身分証・印鑑も必要)

125cc以下(原付一種・二種)に必要な書類の再発行方法

原付用の必要書類を紛失した場合の再発行の手順は、次のとおりです。

紛失した書類再発行方法
標識交付証明書・ナンバープレートを取得した役所の窓口、またはHPから再交付申請書を入手し、
役所の窓口で再発行を申請する。(身分証・印鑑も必要)

役所は平日に行く必要があるため、標識交付証明書があるかどうかは早めにチェックした方がよいでしょう。

126cc~250ccまで(軽二輪)に必要な書類の再発行方法

軽二輪用の必要書類を紛失した場合の再発行の手順は、次のとおりです。

紛失した書類再発行方法
軽自動車届出済証・陸運支局のHPから再交付申請書を入手し、申請する。
(身分証・印鑑も必要)

251cc以上(普通二輪・大型二輪)に必要な書類の再発行方法

普通二輪・大型二輪用の必要書類を紛失した場合の再発行の手順は、次のとおりです。

紛失した書類再発行方法
自動車検査証陸運支局のHPから再交付申請書を入手し、申請する(身分証・印鑑も必要)
自動車納税証明車検証・身分証・印鑑を準備し、役所で再発行を申請する

役所は平日に行く必要があるため、役所で申請が必要な書類があるか早めにチェックした方がよいでしょう。

バイクを売るまでの流れ

バイクの売却に必要な書類を把握したところで、次はバイクを売却するまでの流れをみていきましょう。

ここではバイク買取業社に売却するときの、一般的な流れを紹介します。
細かい流れは業者ごとに違うケースがあるため、各サービスのHPなどをチェックしてみましょう。

Stepupでの買取の流れは、こちらから→https://stepup819.com/flow

①買取業者へ連絡し、査定の予約をする

買取業者にバイクを売却したい旨を連絡して、査定の予約をします。

大手の業者に限らず、では、無料出張査定や無料出張買取を実施しているところが多いため、うまく利用しましょう。もちろん店舗に持ち込みも可能です。

仕事などで忙しい場合は、無料出張査定を利用する方が手間もお金もかからず楽です。

②査定の実施

予約した日時で、実際に査定をしてもらいます。査定自体に、時間がかかることは少ないです。

査定後は、その場で買い取ってもらうこともできますし、複数の業者から見積もりをもらう相見積もりのために時間をもらうことも可能です。

その場で買い取ってほしい場合は、査定日までに必要書類を準備しておくと買取がスムーズに行われるでしょう。

③査定結果の提示・成約・買取手続き

査定額を提示してもらい、売却するかを判断します。その場で売却する場合はそのまま買取手続きに入るので、スタッフの説明を受けましょう。

少しでも査定額に「満足いかなかった」や「疑問をもった」場合は、無理に意思決定する必要はないので、一度持ち帰って検討すると良いでしょう。

本当に高く売れているか判断するためには、相見積もりを取ることをオススメします。

バイクを高く売るためのコツ

バイクを売却する流れがわかったところで、高く査定してもらうコツについて解説していきます。

売却前の少しの工夫で買取価格が数万円単位で違ってくることもあるので、しっかりと押さえておきましょう。

複数社に見積もりを依頼する

買取業者に査定をお願いするときは、複数社に見積もりを依頼しましょう。

業者同士が競争をして、比較的高い査定額を提示しやすくなるからです。

バイクの買取業者は、買い取ったバイクを売却することために、バイクを仕入れる必要があります。

一社だけに見積もりを依頼すると、本当に高値で売れているのかわかりにくくなり、安く買い叩かれてしまう可能性があります。

そのため、少なくとも2社以上に見積もりを依頼しましょう。

一括査定サービスを使えば、近所にある業者に一気に見積もりを依頼できるので、手間も時間もかかりません。

行きつけのバイク屋さんがあれば、そこに尋ねてみるのも良いでしょう。

改造した場合は純正パーツを保管しておく

バイクを改造している場合、純正パーツも取っておくとよいでしょう。

元の状態(ノーマルの状態)に戻すなどをすることで、バイクを売りやすくなるからです。

人気が高いカスタムであれば、逆に高く査定してもらえる可能性はありますが、できるだけノーマルな状態に戻せるようにしておいた方が、より高額査定につながる可能性が高いです。

車検に通らない程度まで改造してしまっている場合には、純正パーツが欠かせません。

査定前に洗車をしておく

見た目の印象もよくなるため、査定前には少しでも洗車して、汚れを落としておいた方がよいでしょう。

一時的にキレイにしたからとはいえ、キズを誤魔化せるわけではありませんが、業者に与える印象は、良くするに越したことはありませんので、少しでも洗車をしておきましょう。

まとめ

今回は、バイク売却に必要な書類や買取の流れなどの解説をしました。

  • バイク売却時にすべての排気量に共通する書類は、本人確認書類 / 自賠責保険証 / 印鑑
  • 排気量によって必要な書類が異なる
  • バイクを売る際はは事前準備をして相見積もりで買い取り金額を交渉する

Stepupでは、動かないバイクも無料査定やってます!

まずはお気軽にご連絡ください。
車検証をお手元にご用意いただくと、査定依頼フォームへの入力がスムーズです。
お急ぎの方にはお電話でのご連絡をおススメしています。